小児科 医師紹介

担当医 鎌田 文顕

私は、2000年に山形大学を卒業した後、東北大学大学院医学系研究科に入学し、在学中、卒業後と継続して研究・臨床などに携わってきました。

研究面では、主として先天異常・先天代謝異常症や、喘息・アトピーなどのアレルギー疾患や、もやもや病の分子遺伝学などについて研究を行ってきました(研究業績参照)。

そして、もやもや病の研究においては、2010年に世界で初めて原因遺伝子であるRNF213遺伝子を同定することができました(Kamada F et al., J Hum Genet 56: 34-40, 2011. Epub 2010 Nov 4 , 記者発表資料参照)。

臨床面では、仙台赤十字病院小児科・NICUにて研修後、東北大学病院や岩手県立中央病院といった、宮城県や岩手県などの病院で小児科診療を担当させていただいておりました。

専門は腎疾患全般ですが、これまでに、ネフローゼ症候群や慢性糸球体腎炎・尿路感染症といった腎・泌尿器疾患、呼吸窮迫症候群や新生児仮死・胎便吸引症候群といった新生児疾患、Down症候群やTurner症候群・Klinefelter症候群といった先天異常、フェニルケトン尿症やメチルマロン酸血症・プロピオン酸血症といった代謝異常症、細菌性髄膜炎や急性脳症・てんかんといった神経疾患、筋ジストロフィーや骨形成不全症・ミトコンドリア病といった筋・骨・運動器疾患、急性白血病や播種性血管内凝固・血球貪食症候群といった血液・腫瘍性疾患、急性気管支炎や急性肺炎・クループ症候群といった呼吸器疾患、心房中隔欠損症や心室中隔欠損症・動脈管開存といった循環器疾患、急性胃腸炎や急性虫垂炎・腸重積症といった消化器疾患、糖尿病や甲状腺機能低下症・副腎皮質過形成症といった内分泌疾患、インフルエンザやマイコプラズマ・ロタウイルス感染症といった感染症、気管支喘息やアレルギー性鼻炎・食物アレルギーといった免疫・アレルギー疾患、川崎病や全身性エリテマトーデス・血管性紫斑病といったリウマチ性疾患、急性結膜炎や急性中耳炎・副鼻腔炎といった関連領域疾患などといった、さまざまな疾患の診断や治療を行ってきました。

これまで、東北大学病院以外にも、宮城県や岩手県などの地域の関連病院で診療を行ってきましたが、次第に地域医療の重要性を感じるようになり、震災後はそれをさらに強く感じるようになりました。

そこで、2012年3月より故柿澤先生、窪先生の後を引き継がせていただき、コミュニティクリニック上桜木にて小児科外来を担当させていただくこととなりました。

お子様に良質かつ適切な医療を提供し、お子様に寄り添っておられる御家族に医学的な知識と経験をお伝えして、安心して子育てができる環境を提供させていただけるよう、精一杯頑張っていきたいと思っております。御不明な点や、疑問に思っていらっしゃることがございましたら、診察時に何なりとおっしゃっていただければ幸いです。また、当クリニックのことで気になることや、改善してほしい点などございましたら、どんどん伝えていただき、私達スタッフと一緒に「こどもの杜」を育てていただけるとありがたいです。

研究業績

英文原著

  1. Isobe K, Mori T, Asano T, Kawaguchi H, Nonoyama S, Kumagai N, Kamada F, Morimoto T, Hayashi M, Sohara E, Rai T, Sasaki S, Uchida S (2013) Development of enzyme-linked immunosorbent assays for urinary thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter measurement. Am J Physiol Renal Physiol 305: F1374-81
  2. Kamada F, Aoki Y, Narisawa A, Abe Y, Komatsuzaki S, Kikuchi A, Kanno J, Niihori T, Ono M, Ishii N, Owada Y, Fujimura M, Mashimo Y, Suzuki Y, Hata A, Tsuchiya S, Tominaga T, Matsubara Y, Kure S (2011) A genome-wide association study identifies RNF213 as the first Moyamoya disease gene. J Hum Genet 56: 34-40
  3. Hino-Fukuyo N, Haginoya K, Uematsu M, Nakayama T, Kikuchi A, Kure S, Kamada F, Abe Y, Arai N, Togashi N, Onuma A, Tsuchiya S (2009) Smith-Magenis Syndrome With West Syndrome in a 5-Year-Old Girl: A Long-Term Follow-Up Study. J Child Neurol 24: 868-73
  4. Kojima-ishii K, Kure S, Ichinohe A, Shinka T, Narisawa A, Komatsuzaki S, Kanno J, Kamada F, Aoki Y, Yokoyama H, Oda M, Sugawara T, Mizoi K, Nakahara D, Matsubara Y (2008) Model mice for mild-form glycine encephalopathy: behavioral and biochemical characterizations and efficacy of antagonists for the glycine binding site of N-methyl D-aspartate receptor. Pediatr Res 64: 228-33
  5. Takano K, Nakagawa E, Inoue K, Kamada F, Kure S, Goto Y; Japanese Mental Retardation Consortium (2008) A loss-of-function mutation in the FTSJ1 gene causes nonsyndromic X-linked mental retardation in a japanese family. Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet 147B: 479-84
  6. Kamada F, Mashimo Y, Inoue H, Shao C, Hirota T, Doi S, Kameda M, Fujiwara H, Fujita K, Enomoto T, Sasaki S, Endo H, Takayanagi R, Nakazawa C, Morikawa T, Morikawa M, Miyabayashi S, Chiba Y, Tamura G, Shirakawa T, Matsubara Y, Hata A, Tamari M, Suzuki Y (2007) The GSTP1 gene is a susceptibility gene for childhood asthma and the GSTM1 gene is a modifier of the GSTP1 gene. Int Arch Allergy Immunol 144: 275-86
  7. Kanno J, Kure S, Narisawa A, Kamada F, Takayanagi M, Yamamoto K, Hoshino H, Goto T, Takahashi T, Haginoya K, Tsuchiya S, Baumeister FA, Hasegawa Y, Aoki Y, Yamaguchi S, Matsubara Y (2007) Allelic and non-allelic heterogeneities in pyridoxine dependent seizures revealed by ALDH7A1 mutational analysis. Mol Genet Metab 91: 384-9
  8. Kanno J, Hutchin T, Kamada F, Narisawa A, Aoki Y, Matsubara Y, Kure S (2007) Genomic deletion within GLDC is a major cause of non-ketotic hyperglycinaemia. J Med Genet 44: e69
  9. Kure S, Korman SH, Kanno J, Narisawa A, Kubota M, Takayanagi T, Takayanagi M, Saito T, Matsui A, Kamada F, Aoki Y, Ohura T, Matsubara Y (2006) Rapid diagnosis of glycine encephalopathy by 13C-glycine breath test. Ann Neurol 59: 862-7
  10. Kamada F, Kure S, Kudo T, Suzuki Y, Oshima T, Ichinohe A, Kojima K, Niihori T, Kanno J, Narumi Y, Narisawa A, Kato K, Aoki Y, Ikeda K, Kobayashi T, Matsubara Y (2006) A novel KCNQ4 one-base deletion in a large pedigree with hearing loss: implication for the genotype-phenotype correlation. J Hum Genet 51: 455-60
  11. Kamada F, Suzuki Y, Shao C, Tamari M, Hasegawa K, Hirota T, Shimizu M, Takahashi N, Mao XQ, Doi S, Fujiwara H, Miyatake A, Fujita K, Chiba Y, Aoki Y, Kure S, Tamura G, Shirakawa T, Matsubara Y (2004) Association of the hCLCA1 gene with childhood and adult asthma. Genes Immun 5: 540-7
  12. Hasegawa K, Tamari M, Shao C, Shimizu M, Takahashi N, Mao XQ, Yamasaki A, Kamada F, Doi S, Fujiwara H, Miyatake A, Fujita K, Tamura G, Matsubara Y, Shirakawa T, Suzuki Y (2004) Variations in the C3, C3a receptor, and C5 genes affect susceptibility to bronchial asthma. Hum Genet 115: 295-301
  13. Kojima K, Kure S, Kamada F, Hao K, Ichinohe A, Sato K, Aoki Y, Yoichi S, Kubota M, Horikawa R, Utsumi A, Miura M, Ogawa S, Kanazawa M, Kohno Y, Inokuchi M, Hasegawa T, Narisawa K, Matsubara Y (2004) Genetic testing of glycogen storage disease type Ib in Japan: five novel G6PT1 mutations and a rapid detection method for a prevalent mutation W118R. Mol Genet Metab 81: 343-6
  14. Shao C, Suzuki Y, Kamada F, Kanno K, Tamari M, Hasegawa K, Aoki Y, Kure S, Yang X, Endo H, Takayanagi R, Nakazawa C, Morikawa T, Morikawa M, Miyabayashi S, Chiba Y, Karahashi M, Saito S, Tamura G, Shirakawa T, Matsubara Y (2004) Linkage and association of childhood asthma with the chromosome 12 genes. J Hum Genet 49: 115-22

邦文原著・総説

  1. 菅野潤子、森本哲司、守谷充司、佐藤優子、鎌田文顕、箱田明子、熊谷直憲、藤原幾磨、呉繁夫 短腸症候群にD型乳酸アシドーシスを合併した中枢性低換気症候群の1例 日本小児科学会雑誌 第117巻 12号 1919-1924 2013年
  2. 菅原典子、秋岡祐子、石塚喜世伸、古山政幸、谷口貴実子、上田博章、水谷誠、藤井寛、久野正貴、近本裕子、鎌田文顕、熊谷直憲、森本哲司、吉田竜二、世川修、長谷川公弥、秋葉隆、服部元史 難治性ネフローゼ症候群を呈し体液管理に苦慮した多発奇形症候群の1例 日本小児腎不全学会雑誌 第32巻 306-309 2012年
  3. 菅野潤子、坂本修、鎌田文顕、箱田明子、稲垣徹史、森本哲司、山田雅明、呉繁夫、大浦敏博、土屋滋 著明な高アンモニア血症で発症し、代謝性アシドーシスは呈さなかったプロピオン酸血症の1例 小児科臨床 第64巻 8号 1857-1863 2011年
  4. 熊谷直憲、小沼正栄、入江正寛、渡辺庸平、菅原典子、鎌田文顕、森本哲司、西村秀一、根東義明、土屋滋 臍帯血移植後にアデノウイルス出血性膀胱炎から尿管炎と水腎症を来したフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の1男児例 日本小児腎臓病学会雑誌 第24巻 1号 103-108 2011年
  5. 菅野潤子、藤原幾磨、小松崎匠子、鎌田文顕、箱田明子、柿崎周平、森本哲司、呉繁夫、松原洋一、土屋滋 23歳時に貧血精査を契機に診断されたモザイク型Turner症候群の1例 日本小児科学会雑誌 第115巻 1号 118-121 2011年
  6. 鎌田文顕 全ゲノム関連解析による最初のモヤモヤ病遺伝子: RNF213の同定 小児科 第52巻 1045-1052 金原出版 2011年
  7. 鎌田文顕、松原洋一 遺伝子増幅法 日本臨牀 第63巻 増刊号 152-155 2005年
  8. 鎌田文顕 hCLCA1遺伝子と気管支喘息との相関 東北医学雑誌 第117巻 1号 99-101 2005年
  9. 松原洋一、呉繁夫、小島加奈子、鎌田文顕、藤井邦裕、鈴木洋一、青木洋子 糖原病Ⅰ型の遺伝子診断 日本マス・スクリーニング学会誌 第14巻 1号 67-74 2004年
  10. 鎌田文顕、松原洋一 マイクロサテライト 小児科 最近話題の用語 3月増刊号  268 金原出版 2003年

主な受賞歴

2004年
東北大学小児科同窓会第5回成澤賞(小児及び成人喘息におけるhCLCA1遺伝子の関与に関する研究)
2011年
東北大学小児科同窓会第35回荒川記念賞(全ゲノム関連解析による最初のもやもや病遺伝子:RNF213の同定)
2013年
日本人類遺伝学会第1回国際JHG賞(A genome-wide association study identifies RNF213 as the first Moyamoya disease gene)

主な獲得研究費

2004年
平成16年度公益信託菅原医学振興基金
2004年
平成16年度東北大学21世紀COE特別研究奨励費(気管支喘息と薬剤代謝酵素遺伝子多型の相関の研究)
2010年
平成22年財団法人小児医学研究振興財団研究助成金(モヤモヤ病の遺伝的背景の解明:~RNF213以外の疾患感受性遺伝子の同定と発症リスク予測への応用~)
2010-11年
平成22-23年度科学研究費補助金・若手研究(B)(偽性低アルドステロン血症Ⅱ型の原因遺伝子同定・機能解析と高血圧発症機序の解明)
2011年
平成23年度財団法人母子健康協会小児医学研究助成金(もやもや病の遺伝的背景の解明)(転勤のため研究辞退)
  • さくら保育室
  • 禁煙外来
  • 健康診断
  • オンライン予約はこちら

ページトップへ